誰もが一番迷いやすい採寸

お洒落は足元から、靴選びの重要さ

靴探しをするときに気をつけることといえば

靴選びは今や店頭での購入はもちろん、ネット通販によって買うことが出来ます。通販と言っても某有名何でも通販ショップを中心に、お洒落を意識したデザインを求めるならまずここしかないアパレル通販サイトなどなど、利用できるところもたくさん存在しているのでこちらも選び放題だ。そこまでは良い、選べる範囲が広がって嬉しくなるのは当然ですが、人気の商品ほど欲しいと思って在庫確認してみるとSOLD OUT表示となっている。そんなことに度々出くわしているので、正直嫌にもなってくる。大体みんなが良いと思ったものを欲しくなるのだから、人間のモノリズムは単純明快なのかもしれません。

こうして話をしてみると、実は意外と誰もが間違えやすい靴の選び方の代名詞というものが一つあります。指摘されるまで意識しなかった、そういえばそうだなぁと納得した、もしくはそういう風に選ぶものなのかと驚くetc、あると言われるものといえば靴の寸法についてだ。

日本では主に20数インチという表示方法で、おおまかに靴のサイズを選んでいくのが基本となっている。そしてこれまた平均的な体型ほど購入される靴の数も偏っているので、尚更購入するのが難しいから本当に困り果ててしまう。もう少し多く生産してもらえないかと思ったりもしなく無いですが、靴の寸法というのも男性用と女性用、それぞれの種類ごとに均一化されているかと言われたら、実際そうでもない。

あくまで採寸として表示されているものは基準とするだけで、細かな履き心地やサイズは微妙に異なっている。靴の寸法はそうした点も込みで選んでいかないと自分に適したものが見つからないのです。

選び方として

筆者も靴選びを始めたとき、さすがにわからないところが多すぎた。何せ自分にピッタリの靴を見つけてもそれが必ずしもいいとは限らないからだ。最悪、サイズが合わなければ靴ずれを起こしたり、擦れて傷口を作り出してしまうといった、症状を起こしてしまいます。生産しているメーカーによってサイズは微妙に異なる点もありますが、やはりコツや選び方で注意したいのはどういった点なのかというのは誰もが気になるところ。ではどういうふうに選ぶのが最良の判断へと繋がってくれるのかと考えると、大体このような点が挙げられます。

  • 足の指が全部動くかどうか
  • 小指が圧迫されていないか
  • くるぶしが靴に当たらないか
  • 足の甲が圧迫されていないか
  • 土踏まずのラインが足にあっているか

等々という風に、挙げていったらものすごく細かいところまで意識しないといけません。靴選びも結構難しいのです。

理想との邂逅は至難の業

靴選びでとても理想的かつこれが欲しかったという靴を買えた事がどれほどあるでしょうか、個人的には人生で1度や2度といったところだ。ではそれまでの靴選びは最悪だったのかと言われるとそうでもない、ただ自分の求めていたものだったかとなるとかなり際どくなります。頑張る人は見つかるまで粘るのかもしれませんが、早く靴を買わないといけない人になるとそこまでしている余裕もないでしょう。なので及第点に落ち着く人もいるはず、それも決して悪い選択肢ではありません。

履きやすさという点を意識するなら、やはり自分の足に何から何までフィットすればいいだろうと、簡単な法則に従って購入するのも安易過ぎる。何せピッタリすぎても実は苦しくて、長時間履いていられないという問題が浮かんでくることもある。お気に入りだけど長時間履くのに適していない、短時間で活動するのにふさわしい靴というものを見つけるのはものすごく難しい。

夕方以降に買うのが得策という説について

靴選びをする際、よく言われているのが夕方以降に買いに行けばいいという物があります。これは人間、夕刻になると足が自然とむくんでくるのでその時の大きさで買うほうがいいというものだ。実際靴屋が一番繁盛しているのは朝や昼間よりも、夕方から夜にかけての方が一番混雑している印象がある。アパレルショップとして見ればかなり異色な存在だ、おそらくみんなこの法則を律儀に守っているのでしょうが、果たして正しいかどうか。

専門家に言わせると、この方法は可もなく不可もなく、また靴の種類によっては男性・女性ともにNGという場合もあるのです。確かに大きくなった状態で靴を選べば最適な一品が見つかるかもしれませんが、大きすぎる靴を買うと朝などで履いたときに違和感を覚えるというデメリットも出てくる。小さいよりも大きい方が良い、なんて理屈では解決できない問題だ。歩いてスポーンと脱げるなど正直あってほしくない出来事です、高くて良い靴をそれで無くしてしまったら洒落になりません。

通販はある意味リスクが高い

そう言う意味では、靴の採寸という問題を考えると通販は直に履いて確かめられないという問題があります。そのため、精密な寸法が必要になる商品は購入して配送された後、条件付きで無償の返品・交換を受付けているケースが多い。その時にも事前に靴下を履いての装着をしてから、足に合っているかを確認するようにと指摘もある。靴選びが多様になっているので、こうした不便が伴う場合にはショップ側も顧客のニーズに応えられるよう動かないといけない。

だからこそ靴選びの難しさがより垣間見えてくるのです。

ヒールに気を使いたい貴方へ

英会話初心者でも大丈夫?もちろん大丈夫です。本スクールではまず、体験レッスン時に、レベルチェックを行います。

↑PAGE TOP