TPOで選ばないと恥をかく

お洒落は足元から、靴選びの重要さ

革靴だから安心、なんて常識は何処にもない

ビジネスマンであれば革靴を持っていることは必死、というものでもありません。私服で勤務している人もいるため、必ずしも絶対になくてはならない、なんて場合は少ないでしょう。ただスーツと革靴は例えスーツを着ない仕事をしている人でも持っていなければならないアイテムであることに変わりません、何せ仕事以外でも普通に使う時があるからだ。さすがにそれを知らないという人はいないでしょうが、個性や何だという囁かれている時代なので面白いくらいに個性的過ぎるファッションを披露して、催事を台無しにすることもある。

その人の一般的な感覚に問題があると言えなくもないですが、リアルにこうした事をきちんと学んでおかないと危ない事は結構多い。そういう意味では大学や専門学校などで実施されるビジネスマナーを指導しているカリキュラムがあれば、是非とも取り組んで貰いたい。筆者も学生時代に必修科目として設置されていたが、かなりためになったものです。

革靴にも色々な種類があるものの、少し選び方と使い方、そして使用するシーンで誤った選択をしてしまうとそれだけで色々な意味で危ない状況に陥ってしまいます。高校生までは制服にローファーで済ませられましたが、それ以上となったら知っておきたい革靴のシーン別使い方、TPOを理解しておくのが必要不可欠となっているので勉強しておきたいところだ。

シーン別の革靴使用法

ビジネスでも仕事環境で使用できる革靴の種類は異なります、ほぼ問題なく使用していればいいのは黒か茶のストレートチップかプレーントゥのどちらかを所持しているだけで、適応できる。またスーツのスタイルによって革靴の種類も変化させられるので、職場内で重要視するような側面が強いようなら何種類か所持しておこう。

ではビジネス面以外での革靴使用で気をつけたい部分は何処か、代表的なシーンを取り上げて見てみよう。

就職活動編

学生から脱皮するための就職活動はある種その後の人生を左右します。必ずしも成功するとは言いませんが、使用しておきたい革靴の種類で挙げられるのは内羽根で黒のストレートチップだ。プレーントゥでも構わないが、その際は必ず紐靴であることが条件となっている。ローファーはあまりにカジュアルすぎるため、就職活動中には不向きすぎる靴となっている。

ただ就職活動ともなると長期戦が基本となってくるので、気にしておきたいのが傷などの状態面をいかにしてカバーするかだ。もし壊れたり、汚れたりした場合には、もう一足の靴を履くなどの対応をしていくと便利に事を運べます。

結婚式編

フォーマルな格好が必要になってくる行事の代名詞といえば結婚式だ。その結婚式で使用するべき革靴は紐付のストレートチップ、この一択が基本となっています。無難に間違えがないようにするためにもこのタイプの革靴にするほうが間違いなく、また印象を損なうこと無く表現できるので、挑戦心などは控えておこう。

ただ結婚式で一番履いていってはいけない靴といえば、クロコダイルなどのアニマル皮となっている。動物の皮や毛といったものを連想させるものは殺生を連想させるので、結婚式では縁起が悪いとされています。ブーツも良くないといえば納得する人も多いので、あくまでシンプルに仕上げるようにしよう。

法事法要編

こちらも大一番とも言える舞台ですが、お葬式といった場面で利用するべき革靴は黒で内羽根のストレートチップだ。こちらの場合プレーントゥでも問題ありませんが、結婚式と同様アニマル皮を利用しているものはNGとなっています。また靴に派手な装飾が施されているものもまずい、エナメルのような光沢がある靴も場違いとなっているのでその辺まで意識する必要があります。

ローファーを履いても許されるシーンがある

革靴の中でも一番履き心地が良いものといえば人によって種類は異なりますが、ローファーは外したくないと考えている人も多いはず。ローファーも履いていいシーンがある、パーティーなどのカジュアルな雰囲気溢れたものに限ってなら使用しても問題視されません。どうしても限定的な使い方になってしまいますが、フォーマルすぎてもカジュアルすぎないものとしてはローファーが適格とみなされるケースもあります。

堅苦しさを求めないケースに該当する行事に参加する機会が多い人は、持っていると使い勝手に困らないでしょう。

TPOを考えて

靴選びと言っても、いついかなる時も気にするべきはTPOだ。仕事で使用する、プライベートで使用する、冠婚葬祭で使用する、といった具合に分けて考えるとやはり数足では事足りません。足元はお洒落の基本とも言われていますが、マナーを守っているかどうかを判断する人間点数が評価されるポイントとなっています。プライベート完璧、ビジネスシーンアウトでは意味がありません。どのシーンでも通じるためにも靴はそれなりに所持しているに越したことはない。

ヒールに気を使いたい貴方へ

不用品回収は千葉のボーンアゲインでは店頭買取り・出張買取りどちらもOK! 当店では、4tトラック1台、2tトラック2台、軽トラック3台を常備しております。 大量のお品物も対応可能です。 まずはご相談ください。

↑PAGE TOP