革靴選びも楽じゃない

お洒落は足元から、靴選びの重要さ

ビジネスマンには必要不可欠

靴の話をしていれば、女性用・メンズ用といったように性別ごとの靴選びに傾倒しがちですが、男女関係なく結構意識したい靴といえば革靴の存在は忘れてはいけません。中でも学生時代、男女共に利用していたとなると選び方が違うだけでかなり異なってくるものだ。革靴はどちらかと言えば男性が愛用する物という印象が一番濃く出ていますが、いざ女性が必要になったからと買いに出ても実は市場的に見るとあまり数的に売られていないという現実が待っています。別段贔屓しているわけではないですが、あえていうならハイヒールは女性で革靴は男性、といった底知れぬ偏見が社会全体に蔓延しているとみなすべきでしょう。

では逆転すればいいのかといったショッキングすぎる発想の転換を求めているわけではなく、単純に必要なシーンで必要な物を愛用するのは重要だということを述べたいだけだ。そんな革靴ですが、扱いが難しいのもありますが、一般的に普及している革靴の種類もかなりの量があるのでまずはそちらから話をしていこう。

羽根について

革靴の話に入る前に、予備知識として頭に入れておきたい事がある。それは羽根についてだ。羽根とは靴紐を通す穴のことで、内羽根と外羽根の二種類があります。具体的な違いとして、

  • 内羽根:靴紐を通す穴が足の甲より前のアッパーに潜り込んでいる
  • 外羽根:靴紐を通す穴の空いた革が、外で開いている

このようになっている。この羽根違いで大分印象が変わってくるため、ビジネスシーンで活用できるかどうかも変わってくるので、覚えておきたい点だ。

革靴の種類

まず最初に話をしておきたいのが、学生時代にかなりの数の人が愛用していたであろうローファーを取り上げてみる。ローファーはビジネスシーンでも利用することは出来るが、あまり推奨はされていません。そもそもローファーという名称がどんな意味なのか考えたことがある人がどれほどいるでしょうか、これは怠け者という意味で、靴紐が無くて簡単に脱ぎ履き出来る点から付けられたものになる。

学生だからこそ許されるアイテムなのかもしれません、ただ履くのが笑えるくらい楽なので愛用したくなる人も多いと思います。ですがビジネスとなるとこういった足元の油断で、成功できるはずが失敗してしまった、なんて事態に転がることも可能性としてなきにしもあらず。ではそれ以外の、ビジネスで愛用する革靴として良い物はないかという話になったらどんな種類が良いか、候補を挙げていこう。

ストレートチップ

革靴をビジネスで使用するに当たって、一番汎用性が高くて人気があるものといえばストレートチップがまず挙げられます。つま先のアッパー部分に横一文字の縫い目があることから名付けられているその革靴、フォーマルタイプとして多くのビジネスマンに愛用されています。内羽根タイプのものならビジネスだけでなく、あらゆる行事シーンにて対応できるので持っているだけで重宝する革靴だ。

プレーントゥ

革靴のポイントもやはり派手すぎないということが挙げられます、デザイン的にもシンプルでありながらオシャレを損なっていないものが好まれている。ストレートチップもその1つですが、次いで人気が高いモデルはプレーントゥだ。外羽根タイプのものだと若干カジュアルっぽくなってしまうので、ビジネスシーンで利用するとなった場合には内羽根タイプの物を購入するようにしよう。

ホールカット

あくまで革靴にもお洒落さを求めたいと考えている人がいたら、ホールカットタイプの革靴は上品さも加えてアピールできる一品となっている。シンプルなデザインながら、その独特なデザインから皮革の良し悪しが全面的に表現されるため、メーカーごとによって大分印象が異なってきます。そのため選ぶとなったら少し難しさが伴うものの、選び方が良ければ出来るビジネスパーソンをアピールできるかもしれません。

選び方はかなり重要

学生時代はそれほど気にすること無く使用できますが、革靴ともなると素材などによっては毎日手入れが欠かせないものもあります。中には晴れの日限定にした方が良い革靴、なんて代物もあるので、これが良いという選択肢を取らないほうが良い。そうなると、必然と革靴も複数所持している方が良いとなる。理由はもちろん色々ある、ビジネス以外での使用となった時だ。

ヒールに気を使いたい貴方へ

英会話初心者でも大丈夫?もちろん大丈夫です。本スクールではまず、体験レッスン時に、レベルチェックを行います。
初めての人からベテランの人まで、あらゆる投資家が利用しているオンラインサイトをご存じですか? リスクが避けられる取引が出来る外為オンラインで、あなたも投資家デビュー出来ます。

↑PAGE TOP