この違いが理解出来たら、プロです

お洒落は足元から、靴選びの重要さ

ヒールの高さで変わります

女性たちにとってみれば、もはやヒールの長さでどの商品を買おうか考えている人も多いと思います。そのヒールの長さですが、ハイヒールと一口に言ってもある一定の長さ以上でないとそう呼ばないことは、さすがに誰もが知っていることだと思います。ではそれ以下の長さのヒールはどんな風に呼ぶのかというと、以下の様な呼び方があります。

  • フラットヒール - 2cm
  • ローヒール - 3cm以下
  • ミディアムヒール - 3~7cm
  • ハイヒール - 7cm以上

どんなに低いヒールでも2cmとなっている、これは男性用の靴がより一般的かもしれません。女性もフラットヒールは主にビジネスシーンの、お洒落よりも仕事を優先させたTPOに適したものといえる。どれほど求めても最大3cmとなっているローヒール、これが社会人として適切なヒールの長さのはずだ。もちろん仕事柄で履く靴の種類は全く変わってきますが、ヒールの長さを考えたら持っている靴の種類が増えるのも当然かも知れません。

足元を綺麗に見せるのもありますが、他にも全体のバランスで生えわたらせるように足の長さにエッセンスとして投入するだけで、ヒールの効果は絶大だ。芸能界で活躍している女性たちがこぞってヒールを愛用しているのも、こんな理由が一番強いからでしょう。

もちろん単純に歩きやすさや履きやすさという初歩的な選び方もヒール選びには欠かせませんが、デザインが微妙に違うだけで実は選び方も違ってきます。どのように違うのか、その点も含めて紹介していこう。

ヒールにも種類があります

一般的にヒールの種類と言われるものは全部で10種類か存在していると言われています。1つ1つのヒールそれぞれに個性的な特徴があるので、ここでは気になるヒールの特徴を一部ピックアップして紹介していこう。

ピンヒール

サンダルやミュールなどに使用されているヒールがあります、あれは一般的にピンヒールと呼ばれているものです。その名の通り、細い棒上のヒールのもので足を綺麗に見せる効果を持っており、全体をバランスよく見せてくれることから、世の女性達に愛されている代表的なヒールだ。1つ欠点としては、ヒールそのものの地面に接する面積の少なさゆえに、安定感がないことだ。そのため最初に履いてみると歩けないと嘆く人も多く、まずはそんな不安定なヒールになれることから始まるという訓練からスタートするという。

間違った姿勢などで歩いているのを放置していると、外反母趾になる恐れもあることから実は結構危ないのでご注意ください。

チャンキーヒール

ピンヒールみたいに安定感のないものは嫌だと思っている人もいるでしょう、そういう方にはチャンキーヒールがオススメだ。地面に接する面積はピンヒールよりも大体3cmほどあるので、歩きやすさと安定感では比ではありません。サンダルやブーツにも用いられているので、こちらもかなり広く流通しているヒールの種類となっている。

ウェッジソール

ちょっと独特な形をしたヒールもあります。その代表格と行っても良いのが、ウェッジソールと呼ばれている三角系のソールだ。かかと部分が高く、つま先に向かって低くなっていますが、靴底の土踏まず部分にくぼみがないので、長時間履いていても足が痛みにくいところが最大の特徴になっています。

プラットフォーム

プラットフォームというヒールもありますが、これは俗にいうところの厚底を意味しています。その名の通り、駅のプラットフォームから名付けられていて、線路よりも高く作られた床とよく似ているデザインであることから名称に選ばれたと言われています。厚底ブーツと言われるヒールは、正式名称をプラットフォームヒールと呼ぶのが正しい。ただ全体的に厚底で歩行するのがかなりしんどい事もあって、なれるのに一苦労するという。

ただその分だけ安定したシルエットと足を長くほっそり見せる効果もあることから、多くの女性達がこぞって利用していた。

コーンヒール

美味しそうな名称のヒールもあります。コーンヒールと呼ばれるものがあり、これはアイスクリームのコーンのように付け根部分が太く、先端部分が細いデザインとなっています。こちらも頻繁に見かけるヒールの種類となっているので、ヒール選びでは重要な選択肢となります。

フレンチヒール

ヒールを履く女性たちの心強い味方、より足を美しく見せてくれるヒールがフレンチヒールと呼ばれているものです。通常のヒールよりもかかとが細くて高くなっていて、そして爪先部分も細くなっているのがこのヒールの特徴だ。美脚効果が高い点はいいところですが、最大の欠点が長時間の履物として苦笑してしまうほどの不適格さがにじみ出てしまいます。パーティーなどの催しもので女性がよく利用していますが、歩きにくさと足首などを痛めるデメリットが強いのが難点となっている。

ここまで違いが分かれば大したもの

こうした違いを見ると、女性が所持しているヒールにも色々と意味があるのがよくわかってもらえるはずです。身長が低い人、高い人と関係なく、どうすれば自分の足元をすっきりさせて、より綺麗に見せられるかで選ぶヒールの高さも異なってきます。選ぶのに時間がかかると喚く男性諸君、女性になった気持ちでヒールを選ぼうとしたらその苦労がどれほどかを理解できる。一度商品の種類がどんなにあるのかを見てみると分かるので、勉強しておくのもありだ。

ヒールに気を使いたい貴方へ

↑PAGE TOP